活動・事件紹介・弁護士コラム

法律相談、実際にはどんな相談があるか。

2013/02/10
青島明生
 私たち弁護士が受ける法律相談の内容は、身近で起きている社会生活の困りごとがほとんどです。
 多いものは、離婚・遺産の分配といった家庭生活・家族関係の問題、お金を貸したのに返してくれない・家や土地の賃し借りなど貸借契約の問題、交通事故・労災事故といった事故の賠償の問題、交通違反をはじめとする刑事事件などがあります。
 また、老後の心配や介護を巡るトラブル、悪質商法などの消費者被害、経済状況が悪くなって返済の見通しが立たなくなった、という個人・企業からの相談にも乗っています。
 返済ができなくなった、という経済の問題を弁護士と相談するということはイメージが湧かないかもしれませんが、借りたものを返すと言うことは契約問題です。現実に支払えなくなった場合、相手方にとっても、返してもらうには裁判をしなければならない、そのためには手間や費用がかかる、それでも返してもらえるかどうかわからない(強制執行をしようにも財産がない、どこにあるかわからない)、という事情がありますので、話し合って解決できる余地があるのです。

 日常生活や、事業で困ったことがあったら、弁護士に相談されることをお勧めします。

ページトップへ