活動・事件紹介・弁護士コラム

貧困問題と弁護士

2014/01/15
西山貞義
    「反貧困ネットワークとやま」を立ち上げました
 2013年11月23日、「反貧困ネットワークとやま」という団体を立ち上げ、その代表に就任しました。
 今回は、その「反貧困ネットワークとやま」について、ご紹介したいと思います。

 生活に困窮されている方は、知的障害や精神疾患など、法律家の力だけでは解決困難な様々な問題を抱えていらっしゃいます。ですので、生活困窮者の方の支援を行う際には、様々な専門家の力をお借りする必要があるのですが、富山県では、支援者間の連携が必ずしもうまくいっていない面がありました。
 そこで、「反貧困ネットワークとやま」という団体を立ち上げ、支援者・団体の連携を促すことにしたのです。
 この「反貧困ネットワークとやま」には、弁護士の私以外に、社会福祉学の元大学教授、社会福祉士、社会保険労務士、介護福祉士、医療関係者、労働組合元事務局長等合計12名の専門家の方が世話人として参加しておられます。

 この団体の設立を機に、「反貧困」の輪を県内に広げて行きたいと考えています。
 政治的信条や所属団体を問わず、「反貧困」に対する思いを持っていらっしゃる方々と広く連携をしていきたいと思っていますので、この問題にご関心のある方は、ぜひ、私までご連絡いただければと思います。

ページトップへ