活動・事件紹介・弁護士コラム

イタイイタイ病原因企業に対する第48回立入調査を実施しました

2019/10/02
 2019年9月28日、イタイイタイ病の原因企業に対する「第48回全体立入調査」が行われ、当事務所からは西山弁護士(イタイイタイ病弁護団・発生源対策主任)、丸山弁護士・小林弁護士(イタイイタイ病弁護団・発生源対策担当)の3名の弁護士が参加しました。
 
 当事務所は1968年にイタイイタイ病訴訟弁護団の事務局事務所として誕生し、以来一貫して半世紀以上、イタイイタイ病に関わってきました。
 
 被害地域住民や弁護士等は、1972年にイタイイタイ病訴訟の控訴審で全面勝訴判決を獲得した翌日、東京の原因企業本社において11時間に及ぶ交渉を行った末、「公害防止協定書」・「土壌復元に関する誓約書」・「イ病の賠償に関する誓約書」の3つの文書を獲得し、この「公害防止協定書」で認められた、地域住民と専門家による原因企業施設に対する「立入調査権」に基づいて協力科学者や弁護団とともに、実に48年にわたって調査を行い、発生源対策を継続してきました。
 
 このような住民自身の粘り強い活動により、現在、神通川のカドミウム濃度は自然界値にまで回復しています。
 
 多数の被害地域住民や専門家が岐阜県飛騨市神岡町にある原因企業施設の立入調査に臨む「全体立入調査」は今も年1回行われており、今回は48回目の調査でした。
天候が心配されましたが、当日は、調査日和の天気となり、参加した方達は、企業側に熱心に質問し、自らの目で、発生源対策がきちんと行われているかを確認していました。
 
 神通川の上流に原因企業の施設がある限り、再汚染の可能性がないとは言えません。発生源対策に関する懸案はまだ残っており、今後も継続して、対策がきちんと行われているかを確認していく必要があります。企業との「緊張感ある信頼関係」の中で、「下流に命ある限り、発生源対策に限りはない」のです。
 
 当事務所は今後もイタイイタイ病弁護団の事務局事務所として、発生源対策等、様々な活動に取り組んで参ります。

ページトップへ