活動・事件紹介・弁護士コラム

コロナ禍 消費税を5%に

2021/05/28
 消費税をなくす富山県の会と消費税廃止富山県各界連絡会は24日、富山市総曲輪商店街で定例の街頭宣伝に取り組みました。コロナ禍の経済対策として消費税を5%に引き下げるよう訴え、署名を集めました。
 
 なくす会の水谷敏彦代表世話人や県労連の中山洋一議長らは、コロナ禍で多くの人が、深刻な生活危機にさらされていると指摘。「消費税が下がれば大きな支援になります。いまこそ5%への減税を国に迫りましょう」「消費税は社会保障の充実のためになど使われていません。負担増中止・消費税減税へ声をあげましょう」と訴えました。

 署名した50代女性は「5%でなく0%にしてほしいわ、消費税は生活に厳しい」と話しました。
 70代女性は「今度また年金を減らすでしょう。年金暮らしで、消費税10%は本当に重い。」と話しました。

ページトップへ