法律Q&A

遺言はどのように作成するのですか。

 一般に用いられる遺言には,自筆証書遺言,秘密証書遺言,公正証書遺言の各方式があり,この方式に違反した遺言は無効となります。
 ① 自筆証書遺言
遺言者が,自分で,遺言の全文,日付,氏名を手書きし,押印するという方式
で行う遺言です。他人に代筆してもらったもの,パソコンで作成したもの,日付や氏名の記載のないものなどは無効です。自筆証書遺言の場合,遺言者の死亡後,家庭裁判所での検認手続(相続人に対し遺言の存在を知らせるとともに,遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続)が必要です。
 ② 秘密証書遺言
遺言者が,遺言の内容を記載した文書に署名押印して封筒に入れ,遺言書に用
いた印で封印し,これを公証人に提出するという方式で行う遺言です。遺言の内容を誰にも知られたくない場合などに利用されますが,自筆証書遺言と同様,家庭裁判所での検認手続を必要とします。
 ③ 公正証書遺言
遺言者が,2人以上の証人の立会いの下で遺言の趣旨を公証人に述べ,公証人
がこれを筆記し,その内容を読み聞かせ,全員が署名押印するという方式で行う遺言です。公正証書遺言の原本は公証人が保管します。公正証書遺言の場合,検認手続は不要です。

ページトップへ