法律Q&A

交通事故に遭い、怪我をしたのですが、相手方が任意保険に加入していなかったことが分かりました。相手方は収入が少なく、とても損害賠償金を支払うことはできないと話しています。私は泣き寝入りするしかないのでしょうか。

 交通事故の損害賠償は高額となることが多く、そのために任意保険制度が存在します。
 もっとも、任意保険に加入していないという方も中にはいらっしゃいます。
 こうしたケースでは、相手方の加入している保険会社から損害賠償を受けることができず、事実上、相手方から損害賠償を受けることが困難となることが多いです。
 ただし、こうしたケースでも、ご自身が加入している自動車保険の契約内容によっては、自分が契約している保険会社から保険金を受け取ることができることがあります(人身傷害保険、無保険車傷害特約等)。
 また、通勤途中の交通事故の場合は、労災保険の適用が可能な場合があります。
 さらに、相手方が任意保険に加えて自賠責保険にも加入していなかった場合、政府保障事業の利用も視野に入ります。
 こうした保険の仕組みや各制度についても弁護士は助言することができます。

ページトップへ