法律Q&A

慰謝料はどのような場合に認められますか。

慰謝料が認められるのは,離婚の原因を相手方が作った場合です。裁判離婚が認められる場合(①配偶者に不貞の行為があったとき,②配偶者から悪意で遺棄されたとき,③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき,④配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないとき,⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき)が典型です。ただし,慰謝料が認められるかどうか,認められるとしてどのくらいの額になるかは,離婚に至る経緯,相手の資産や収入,財産分与額など諸般の事情を考慮して決められます。裁判所の相場のようなものはありませんが,これまでの離婚に関する裁判例などが参考になりますので,詳しくは弁護士に相談してください。

ページトップへ