法律Q&A

逮捕・「勾留」された場合,家族と会うことはできるのですか。

 ご家族が逮捕・勾留された場合,事件処理を担当している警察署に留置施設があればその警察署で身柄拘束され,留置施設がないのであれば他の警察署の留置施設で身柄拘束されます(実際に身柄拘束されている場所については,ご家族を逮捕した警察署に問い合わせて確認して下さい)。
 逮捕中は,ご家族と会うことはできないのですが,「勾留」中は,ご家族と会うことができます。
 ただし,会うことができるのは1日1組(三人まで)となっていて,時間も15分間と限られています。
 また,会うことができるのは,平日の日中に限られています(時間の詳細については,警察署に問い合わせて下さい)。
 「勾留」中は,ご家族と会うことができるのが原則なのですが,ご家族と会ったり,手紙で連絡を取ったりすることが禁止される措置(「接見禁止」)がつけられる場合があります。
 この場合には,ご家族と会うことはできませんし,手紙のやりとりをすることもできません。
 しかし,この場合であっても,「接見禁止」に対して不服があるとして「準抗告」という不服申立を行い,この不服がもっともであるとして「接見禁止」が取り消されれば,ご家族と会うことや手紙でやりとりすることが可能となります。
 もっとも,この「準抗告」が認められるのは,大変難しいことなので,弁護士に相談することをおすすめします。

ページトップへ