トピックス

高校生を対象とする消費生活講座の講師を務めました

2017/07/13 
 7月4日、富山聴覚総合支援学校で開催された消費生活講座において、当事務所の小林大記弁護士が講師を務めました。
 高校生を対象とする消費生活講座は、永年、富山県消費生活センターと富山県弁護士会が共催で行っています。
 申込のあった高校に対し、富山県弁護士会所属の弁護士が派遣され、高校生に対し、授業形式で講演を行います。
 今回の高校生を対象とした消費生活講座は、本年度、最初の講座であり、約50名の学生が参加しました。
 小林大記弁護士は、契約とは何か、どのような消費者トラブルがあるか、消費者トラブルに巻き込まれた場合にどのように対応したら良いか等について講演を行いました。
 小林大記弁護士によれば、「学生のみなさんが本当に真剣に講座に取り組んでくれて、とてもやりがいがあった」とのことでした。
 消費者トラブルは身近なものであり、一度、巻き込まれてしまうと大きな被害につながることがあります。
 こうした消費者トラブルをどのように予防するか、巻き込まれてしまった場合にどのように対応するかについて、これから社会に出ていく高校生を対象にお話できることは大変意義深いことであり、こうした消費者教育の重要性はこれからますます大きくなっていきます。
 当事務所は、消費者被害の回復だけでなく、消費者教育にも積極的に取り組み続けます。

ページトップへ

  • 相談のご案内
  • 弁護士紹介
  • 富山事務所アクセス
  • 黒部事務所アクセス
法律Q&A
労働事件
相続・遺言
交通事故
債務整理・過払金・破産・再生
消費者被害
離婚・DV
成年後見
医療過誤
金銭の取立
刑事・少年事件
借地借家
会社関係
B型肝炎
建築事件
その他の取扱分野