トピックス

10%増税に反対する街頭宣伝・署名行動にとりくみました

2019/04/02 
 1989年4月に自民党の竹下内閣が3%の消費税を強行実施してから31年目に入った1日消費税をなくす富山県の会は、富山市(水橋ミューズ、岩瀬北の森、稲荷アピタ)、射水市太閤山パスコ、砺波市アピア、高岡市木津バローの6か所で「消費税10%ストップ」を掲げた街頭宣伝、中止を求める署名行動に取り組みました。

 宣伝では、買い物などで行き交う人たちに、なくす会のメンバーらが「皆さんの力で増税を止めよう」と呼びかけました。
 水谷敏彦代表世話人はマイクを握り「社会保障のため」と導入された消費税は「国民のためにはまったく使われていません」と批判。1989年の消費税導入以降、消費税収が累計372兆円にのぼる一方、法人税収が291兆円減ったと指摘しました。政府が、増税実施前の値上げを容認する指導をしていると告発。県議選・参院選挙出、ノーの審判を下そうと呼びかけました。

 署名に応じた富山市八幡の男性(68)は、「わしらに何のプラスにもなっとらん、医療も介護も改悪に次ぐ改悪のなか、10月の増税はとんでもない」と語りました。
 この取り組みの中で増税中止を求める署名が11人、なくす会に2人入会されました。

ページトップへ

  • 相談のご案内
  • 弁護士紹介
  • 富山事務所アクセス
  • 黒部事務所アクセス
法律Q&A
労働事件
相続・遺言
交通事故
債務整理・過払金・破産・再生
消費者被害
離婚・DV
成年後見
医療過誤
金銭の取立
刑事・少年事件
借地借家
会社関係
B型肝炎
建築事件
その他の取扱分野